老いとは

マリナーズのイチロー選手が今年はもう試合に出ないことになったようです。

これまで病魔と戦い続けていた代表が亡くなりました。

まさかです。

親父が脳梗塞で体が不自由になってきました。

40を前にして太りだし痩せることが難しくなってきました。

時間の経過と共に日常が変わって来ます。

食生活を見直して、運動を増やさなくちゃ。

子どもは成長し、未来が狭まり出してる。

けれど可能性は現実味を帯び出して動き始めている。

パティシエと警察官になれるといいなぁ。

平成ももう直ぐ終わりを迎え、新たな年号が誕生するらしく、

未熟な私も昭和、平成、新たな年号を生きることになるようで

明治、大正の英雄は姿を消していく。

老いは進み、死に向かって誰もが進んでいる。

死を前にした時、過去の栄光なんて意味はなくなる。

意味は生きていること、生きてくことで出てくる。

どこまでいっても不安はつきまとい、満足することは無い。

生きるって結構しんどいもの。

どこまで生けるかは分かんないけれど

老いと向き合い、できるだけ楽しく生きてけると良いなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック